プエルトリコ初王手 モリーナが鼓舞「日本恐れるな」

[ 2013年3月19日 06:00 ]

<日本・プエルトリコ>日本を破ったプエルトリコ。メジャートップクラスの捕手モリーナ(右)の存在が非常に大きかった

WBC準決勝 プエルトリコ3-1日本

(3月17日 サンフランシスコ)
 プエルトリコが侍ジャパンの3連覇を阻んだ。試合後は、グラウンド上で優勝したかのような騒ぎ。エドウィン・ロドリゲス監督は「日本に勝てたのは大きい。意味ある勝利だ」と感極まった。

 負けたら敗退する試合で2次ラウンドではイタリアと米国、この日は日本を撃破し、初の決勝進出。実績のない投手陣を、大リーグ屈指の捕手Y・モリーナが引っ張った。カージナルスではワールドシリーズ制覇を2度経験。「日本を恐れるな。怖がらずに内角を突け」と鼓舞した。メジャー経験のない先発M・サンティアゴは右前腕を痛めるまで4回1/3を2安打無失点と好投。「いいリードでテンポよく、積極的にストライクを取っていけた」と胸を張った。

 7回に貴重な2ランを放つ直前まで打率.136と不振だったリオスは「時期的にはまだキャンプ中だが、その中でできることをやる」。接戦を勝ち抜いてきた勢いで、初の頂点に挑む。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年3月19日のニュース