一転打線沈黙も…中畑監督は前向き「本番前で良かった」

[ 2013年3月19日 18:00 ]

オープン戦 DeNA0―6ソフトバンク

(3月19日)
 12球団最多の16本塁打を放つなど好調だったDeNA打線が、この日は2安打と沈黙した。先発した変則右腕の山中には、6回2死まで無安打に封じ込まれた。

 背中の張りで17日の試合を欠場したブランコも先発に復帰したが、2打数無安打。それでも中畑監督は「本番前にこういう試合が出て良かった。打線は水物」と気にするそぶりは見せない。一発を秘めた打線への自信は、揺るぎないようだった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年3月19日のニュース