ドミニカ余裕?オランダの先発は「名前も知らない」

[ 2013年3月19日 06:00 ]

会見するトニー・ペーニャ監督(右はホセ・レイエス)

WBC準決勝 ドミニカ共和国―オランダ

(サンフランシスコ)
 オランダとの準決勝を控え、1、2次ラウンドでいずれもMVPに輝いたドミニカ共和国の主砲カノは「全員が懸命に戦い、楽しんでいる。家族と同じだ」と結束に胸を張った。

 無傷の6連勝で準決勝に進出。オランダには09年大会の1次ラウンドで2敗を喫したが、トニー・ペーニャ監督は「過去は関係ない。自分たちのプレーを心掛けるだけだ」。一方で、相手先発マークウェルについて聞かれ「名前も知らない。申し訳ない。これから勉強する」と弁明する場面もあった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年3月19日のニュース