井端 台湾戦の同点打「あの打席は一生忘れない」

[ 2013年3月19日 20:17 ]

準決勝で敗退し、サンフランシスコから帰国したWBC日本代表の井端

WBC日本代表帰国

 随所でしぶとい打撃が光った井端(中日)は2次ラウンドの台湾戦を思い出として挙げた。1点を追う9回2死から鳥谷(阪神)が盗塁を決め、井端が起死回生の同点打。ベテランは「あの打席は一生忘れない」と胸に深く刻み込んだ。

 2月の代表合宿には中日から4人が招集されたが、残ったのは井端だけ。チームメートの思いを背負い「何とか4人分の働きができたかな」とほほ笑んだ。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年3月19日のニュース