外野手戦争激化!ロッテ・荻野貴 先手弾「近づいている」

[ 2013年2月24日 06:00 ]

<中・ロ>2回1死一塁、ロッテ・荻野貴が左越えに2ランを放つ

オープン戦 ロッテ4-4中日

(2月23日 北谷)
 12球団のオープン戦第1号はロッテ・荻野貴のバットから飛び出した。2回1死一塁、内角高めの直球をうまく腰を回転させながら強振。左翼席に2ランを運んだ。

 「詰まったかなと思ったけど、うまく体を使って打つことができた」

 外野の定位置争いが激化している。ライバルは侍ジャパンの角中、サブロー、岡田、清田、伊志嶺、加藤、神戸、G・G・佐藤の8人。7回にも二塁打を放った荻野貴に、伊東監督も「打撃に力強さが出てきた。外野手戦争が凄い。また頭を悩ませないとな」とうれしい悲鳴を上げた。

 最大の武器は足だが「足を生かすためには塁に出ないといけないので、打撃でアピールしないと」と打撃の強化が目下の課題。「バットと体が一緒に前に出ていたのを、しっかりタメをつくって振るように意識している。感覚的には(理想に)近づいている」。石垣島キャンプで立花打撃コーチとともに行ってきたフォーム改造が実を結びつつある。

 「角中がいない時期は出場機会が増えるので、しっかりアピールしたい」。昨季の首位打者が不在の間、必死のアピールを続ける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月24日のニュース