侍ジャパン 打撃不振のワケは“外に広い”こと 阿部「戸惑っている」

[ 2013年2月24日 07:17 ]

<日本・オーストラリア>4回2死一塁、打者・中田のとき、一塁走者・糸井は二盗を決める

侍ジャパン壮行試合 日本3―2オーストラリア

(2月23日 京セラドーム)
 山本監督は当たりの出ない打線について「打線がもうひとつ機能せずに嫌なムードがあった。1、3、5番を組み替えます。組み替えなきゃあ、あかんやろ」と話した。

 打線全体として、外に広い国際大会のストライクゾーンへ対応できていないのも、不振の原因。この日はWBC審判員のプエルトリコ・カルロス氏が球審を務め、3打数無安打の阿部も「ちょっと戸惑っている」と言った。本番の3・2ブラジル戦まで1週間。打線をどう機能させるかに、3連覇がかかってくる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月24日のニュース