聖沢 立浪コーチ助言でつかんだ!館山から左前打

[ 2013年2月24日 06:00 ]

<ヤ・楽>初回、楽天・聖沢は左前打を放つ

オープン戦 楽天3-4ヤクルト

(2月23日 浦添)
 第1打席の初球、楽天・聖沢が館山の143キロ直球を体に巻き付くようなスイングで左前へ。「宮崎合宿の延長として継続できた」。3回の2打席目は差し込まれながら左中間。中飛に終わったが「しっかり振れている」と手応えを口にした。

 15日からの侍ジャパン候補合宿では立浪打撃コーチの指導で軸が前に出る癖を矯正した。「バットがセンター方向に流れずに体で回すイメージ」という新打法は、体が投手方向に突っ込まない分、ボールが長く見られる。それは「ボールがよく見えている」という3打席目の四球が証明した。盗塁王である聖沢の出塁率は昨季リーグ4位(491得点)に終わったチームの得点力アップにつながる。「気持ちは3月29日(開幕戦)に切り替えた」。28人の最終メンバーからは外れたが、持ち帰ったものは大きい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月24日のニュース