マー君 イニング間にブルペンで修正し手応え「あと1週間 開き直りたい」

[ 2013年2月24日 07:22 ]

<日本・オーストラリア>ベンチで言葉を交わす田中(左)と阿部

侍ジャパン壮行試合 日本3―2オーストラリア

(2月23日 京セラドーム)
 3月2日のブラジル戦(ヤフオクD)先発が内定している田中(楽天)は3回4安打2失点。最速150キロも、初回に3四死球で2失点で「話にならない」と猛省した。

 それでも2回以降はスライダーの制球が改善された。実はイニングの合間にブルペンに足を運んでフォーム修正を行い、3回は先頭のヒューズから6球連続スライダーで空振り三振を奪った。

 「本人が満足していないと思うし、反省もするだろう」と東尾投手総合コーチ。田中は「3回は手応えがあった。あと1週間なので開き直りたい」と開幕戦を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月24日のニュース