巨人・一岡 2回5K!原監督「真っすぐが生きてくる」

[ 2013年2月24日 06:00 ]

オープン戦 巨人0-3広島

(2月23日 沖縄セルラー)
 2年目右腕の巨人・一岡が、2回5奪三振の好投を見せた。

 最速147キロの直球に加え、昨年は1軍の試合では投げなかったカーブも交え2安打無失点。「真っすぐとフォークに偏るとボコボコに打たれるので。実松さんから“カーブは使っていこう”と言われて、投げました」と手応えを口にした。原監督は「あれぐらい変化球が使えれば、真っすぐが生きてくる」と評価していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年2月24日のニュース