相川 実は勝負強い 得点圏打率は3割超

[ 2013年2月24日 07:02 ]

<日本・オーストラリア>8回1死一、二塁、逆転3ランを放った相川(2)を迎える山本監督(右)ら侍ナイン

侍ジャパン壮行試合 日本3―2オーストラリア

(2月23日 京セラドーム)
 WBCに出場する侍ジャパンは23日、オーストラリア代表と壮行試合を行い、途中出場の相川亮二捕手(36)が8回に起死回生の逆転3ランを放った。

 打ったカウントは3ボール1ストライクから。捕手らしく決め打ちが得意で、このカウントから通算64打数27安打(打率・422)。昨季は2打数2安打と打ち損じなしだった。通算打率は・259だが、得点圏では通算・287。ヤクルト移籍後の09年以降では・306、昨季は・324と勝負強さを増している

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月24日のニュース