森脇監督 ホロ苦初陣 糸井ら主力不在も「退屈なゲーム」

[ 2013年2月24日 06:00 ]

<D・オ>試合後、取材を受けるオリックス・森脇監督

オープン戦 オリックス0-2DeNA

(2月23日 宜野湾)
 オリックスはオープン戦のDeNA戦で0―2と完敗し、森脇監督の初陣を飾ることはできなかった。散発3安打の完封負けという結果には寛容だった指揮官も、試合内容には「凡打の内容が悪かった。もっとシンプルにやってきたことを出すことが大事」と表情をこわばらせた。

 打線は2番に平野恵、3番に坂口、4番にT―岡田と主力を並べたが、初回の無死一、二塁で得点できないなど機能しなかった。先発の西の乱調など味方投手陣が12安打も浴びたが、自軍は3安打のみ。打ち上げてしまうフライアウトが12個も数え、「記者の皆さんには退屈なゲームだったでしょう」と苦笑いした。

 特に走塁面については、はっきりと「不満」と口にして「たくさんスキがあった。あと2、3個は走れていた」と1盗塁に終わった消極的な姿勢に活を入れた。李大浩(イ・デホ)、糸井と中軸がWBC代表で抜けているため判断は難しいが、昨年の最下位チームは課題山積みで発進。ソフトバンク、オリックスで監督代行として37勝、勝率6割超を誇った指揮官も、監督初陣はほろ苦かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年2月24日のニュース