広島・福井 無四球、制球力アップ 中継ぎ転向で課題修正

[ 2013年2月24日 06:00 ]

オープン戦 広島3-0巨人

(2月23日 沖縄セルラー)
 今季から中継ぎに転向する広島の3年目・福井が8回から2イニングを無失点。2安打こそ許したが、球威のある球で後続を打ち取った。

 「ゼロに抑えられて良かった。走者を出してからの投球が課題だったので」。1年目は先発として8勝を挙げたが、2年目の昨季は制球難を克服できずわずか2勝、初の2軍落ちも味わった。無四球と制球力が上がったこともアピールし、野村監督は「1年間マウンドに立ち続けて役割を果たしてほしい」と期待した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月24日のニュース