コンラッド 特大弾だけじゃない!適応力も「ボチボチでんな」

[ 2013年2月24日 06:00 ]

<日・神>5回1死一塁、右越え2ランの阪神・コンラッド(左)はナインとハイタッチ

オープン戦 阪神15-6日本ハム

(2月23日 名護)
 右翼を守る大谷のはるか頭上を越えていった。130メートルの特大アーチ。オープン戦チーム1号を放った阪神の新外国人コンラッドは「練習試合からいい感じで来ていたので、初戦という感じはしなかったね。(本塁打は)打った瞬間、行くと思ったよ」と振り返った。

 メジャー通算18本塁打のスイッチ打者。5回無死一塁から左打席に入ると、新人右腕・新垣の直球を叩いた。右打席では対応力を披露した。初回2死一、三塁の第1打席では相手エース武田勝のチェンジアップに空振り三振。だが、3回無死二塁の第2打席では、変則左腕の投じた同じ決め球を左前へはじき返した。

 「1打席目よりもポイントを前に持って行くとうまくいったよ」。日本語の対応力も抜群。「アリガトウ」などの日常会話に加え、阪神の一員らしく「ボチボチでんな」という関西弁も覚えた。2安打2打点の新助っ人に引っ張られ、21安打15得点で大勝。オープン戦での15得点以上は、98年3月13日ヤクルト戦以来となった和田監督は「(コンラッドは)対応力があるね。ゲームをやるごとに、いろんなところを見せてくれる」と目を細めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月24日のニュース