中田 野手最年少代表!浩二監督「唯一の大砲」と期待

[ 2013年2月21日 06:00 ]

紅白戦の初回1死三塁、内川の中犠飛で生還した三走・松井(右)を出迎える(左から)鳥谷、中田、聖沢、井端、炭谷

侍ジャパン最終メンバー28人発表

(2月20日)
 中田(日本ハム)が野手最年少、23歳で初の代表入りをつかんだ。

 「自分の実力で選んでもらったのは信じられないが、選んでもらったからには一生懸命、できることを全てやっていきたい」。この日、紅白戦では紅組の「6番・一塁」で出場も2打数無安打だったが吉報が届いた。山本監督は「ファーストもできるし、きょうの振りでも一つ間違えれば、ね。唯一の大砲という形でも相手にとっては脅威になる」と期待。今後に向けて「自分のスイングができるようにやっていきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月21日のニュース