東浜 166球「投げ込んで分かるものがある」

[ 2013年2月21日 06:00 ]

166球の投げ込みを見せた東浜

 ソフトバンク・ドラフト1位の東浜(亜大)が今キャンプ最多の166球。

 直球だけで投げ込み「何球投げても同じところにいかないといけない。バランスは悪かったが、球の軌道は良かった」と振り返った。亜大時代はネットスローなどを含め、約600球投げる日もあった。キャンプ前から「投げ込み期間をつくりたい」と話していた即戦力右腕は「投げ込んで分かるものがある」と収穫を得たようだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月21日のニュース