鳥谷&稼頭央 三塁テスト 二塁手争う2人に新たなバトル

[ 2013年2月21日 06:00 ]

紅白戦を終え、松井(右端)とタッチを交わす鳥谷

侍ジャパン最終メンバー28人発表

(2月20日)
 正二塁手の座を争う鳥谷(阪神)と松井(楽天)は、紅組の1、2番で先発出場。松井が二塁手、鳥谷が三塁手でスタートし、首脳陣は4回から2人の守備位置をチェンジさせた。

 故障者など有事に備えての危機管理で、2人の三塁手としての適性もテスト。三塁は人生初という松井は「そういうことも考えて、僕はどこでも守る気でいます。(全力を)出し切る」と語った。

 打ってはともに二塁打を1本ずつ放ち、好調をアピール。中堅横への浅い当たりで、一気に二塁を陥れた鳥谷は「2死だったので、行けたら行こうと思っていた」と振り返った。本職の遊撃に加えて二塁、そして三塁と器用さも発揮。三塁での1度の守備機会はフライとなり「ゴロが飛んできていないので、まだ分からない」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月21日のニュース