加賀美フラフラ 2軍行き前に1500本ノック2時間

[ 2013年2月21日 19:29 ]

 DeNA3年目の加賀美が友利投手コーチから約1500本のノックを受けた。開始から1時間もたつと右腕は足元がふらつき、何度も倒れ込んだ。その度に友利コーチがハッパを掛け、サブグラウンドには野太い声が2時間近く響き続けた。

 友利コーチの加賀美への期待は高いが、仕上がりの遅さに不満を抱いていた。22日からの2軍行きを決め、出直しとなる前に厳しい練習を課した。加賀美は「こんなに長い間ノックを受けたのは初めて。レベルアップしてきたい」と奮起を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月21日のニュース