巨人・ロペス 勝負強い!3戦連続打点「無理をせずに結果を」

[ 2013年2月21日 06:00 ]

<巨・神>初回1死一、二塁、先制適時打を放った巨人・ロペスはベンチの出迎えに笑顔を見せる

練習試合 巨人2―4阪神

(2月20日 沖縄セルラー)
 4番に座った巨人・ロペスが、3試合連続打点をマークした。

 初回1死一、二塁で左腕・小嶋の直球を左前に運んだ。同一リーグの投手との対戦とあって、追い込まれるまではバットを振らず「得点圏では狙い球を待って、無理をせずに結果を残すことを心掛けている」と納得の表情で振り返った。原監督は「勝負強いのは非常にいいこと」と手応えを口にした。

 ▼巨人・松本竜(先発で3回5安打3失点)変化球の精度が悪く、直球に頼ってしまった。

 ▼巨人・横川(途中出場で2安打)結果は気にしていないですけど、振れる球をしっかり振れたので良かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月21日のニュース