「何もしないより…」胃腸炎の山本昌がキャッチボール

[ 2013年2月21日 17:03 ]

 胃腸炎で20日の練習を休んだ中日・山本昌が21日、軽めのメニューで練習を再開した。陸上競技場で宮前トレーニングコーチとキャッチボールを行い「何もしないよりはましだから」と笑顔を浮かべた。22日から通常の練習に合流するという。

 20日はシート打撃登板を予定していたが、打者と対戦する機会が流れてしまった。今後は「コーチと相談して決めたい」と話した。疲労性のじんましんで20日の練習を休んだ松井佑も、練習に復帰した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月21日のニュース