侍ジャパン合宿打ち上げ 主将・阿部「絶対に5人を忘れずに」

[ 2013年2月21日 18:11 ]

WBC宮崎合宿を打ち上げ、一本締めをする主将の阿部(中央)。右上は日本代表の山本監督
Photo By スポニチ

 3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で3連覇を目指す侍ジャパンは21日、主将・阿部(巨人)の一本締めで合宿を打ち上げた。選手や首脳陣がつくった輪の中心に立ち「とにかく(最終メンバーから漏れた)5人のことは絶対に忘れずに全員で戦い、(壮行試合などが行われる)大阪では結果にこだわって頑張っていこう」と引き締まった表情であいさつした。

 大会では4番に座る可能性が高く、攻守両面で期待が大きい。重責を自覚する33歳の捕手は打ち上げ後に室内練習場に移動。井端(中日)らとマシンを相手に汗だくになりながら30分以上みっちり打ち込み、緊張感を漂わせて球場を後にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月21日のニュース