伊東監督 敵と談笑禁止「命懸けで真剣勝負をしないと」

[ 2013年2月21日 06:00 ]

石垣島キャンプを打ち上げ、選手やスタッフら全員と握手をするロッテ・伊東監督(中央)

 ロッテ・伊東監督が初の対外試合となる、21日の阪神との練習試合(宜野座)を前に「談笑禁止令」を出した。

 「ベンチを預かる身としては、球場で相手チームの選手とニコニコと話してほしくないね。命懸けで真剣勝負をしないと。俺は現役時代に話さなかったし、目で相手を威嚇(いかく)していた」。主将の岡田は「監督の方針に従って、球場では戦闘モードに切り替える」と誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月21日のニュース