箕島新監督に故尾藤元監督の長男 名門再建託す

[ 2013年2月21日 06:00 ]

 高校野球で春3度、夏1度の甲子園大会優勝を誇る箕島(和歌山)の監督に、故尾藤公元監督の長男で、同部OBの尾藤強氏(43)が就任することが20日、分かった。昨秋からコーチを務めていた強氏は3月1日付で正式に就任する。

 11年3月に68歳で死去した尾藤元監督は、79年に春夏連覇を達成。この年の夏の3回戦では星稜(石川)と延長18回を戦い、球史に残る名勝負を演じた。強氏も同部で指導を受けたが、高校時代は甲子園に出場できなかった。箕島は準々決勝に進んだ09年春の選抜大会以降は甲子園出場がない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月21日のニュース