浅尾 落選も「もしもの時に助けられるように調整したい」

[ 2013年2月21日 06:00 ]

帰りのバスに乗り込んだ浅尾は無念の表情。奥は山井

侍ジャパン最終メンバー28人発表

(2月20日)
 右肩の張りを訴えていた守護神候補の浅尾(中日)が落選した。

 紅白戦では1イニングを予定していたが登板回避。一度も実戦登板することなく「昨夜に監督、コーチと話をしました。心配だからやめておけと言われました。しっかり調整できず情けないし、凄く悔しいです」と無念の表情で話した。侍ジャパンにとっても、今後は守護神探しが懸案事項となる。浅尾は「もしもの時に助けられるように調整したい。優勝することを願っている」と最後は顔を上げて答えた。

 中日の同僚・山井は2試合連続で結果を残すことができなかった。5回から登板し、相川に右中間適時二塁打され1回2安打1失点。17日の広島との強化試合も2回2失点とWBC球への対応に苦慮し「やることはやったが、自分らしさを出せたかは分かりません」と肩を落としていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月21日のニュース