ジャイアンツ 接戦でも強い!終盤に2点もぎ取り連勝!

[ 2012年10月26日 12:15 ]

タイガース戦の7回、クロフォードの併殺打の間に生還し、セリオ(5)に迎えられるジャイアンツのペンス

ワールドシリーズ第2戦 ジャイアンツ2―0タイガース

(10月25日 サンフランシスコ)
 ワールドシリーズ第2戦は25日、サンフランシスコで行われ、第1戦に先勝したジャイアンツ(ナ・リーグ)とタイガース(ア・リーグ)が激突。

 タイガース先発のフィスターを攻めあぐねていたジャイアンツは7回、無死一塁でフィスターがマウンドを降りると、リリーフに立ったシミリーから四球と番バント安打で満塁になり、8番クロフォードの二ゴロ併殺の間に三塁走者が生還し、待望の先取点が入った。

 ジャイアンツは8回にも6番ペンスの右犠飛で1点を追加。先発のバムガーナーが7回まで2安打8奪三振と好投、リリーフ陣が抑え白星を挙げた。。

 タイガースは2回、無死一塁で5番ヤングの左翼線二塁打で一走のフィルダーが果敢に本塁を狙ったが憤死。その後もけん制で刺されたり、併殺打などで少ないチャンスをものにできず連敗した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年10月26日のニュース