福谷 目標は同郷・知多市出身の浅尾

[ 2012年10月26日 06:00 ]

合宿所を訪れた高木監督とドアラの人形を持ってにっこりする福谷(左)

プロ野球ドラフト会議 supported by TOSHIBA

(10月25日)
 【中日1位 福谷浩司 投手・慶大】地元球団からの1位指名に安どの表情を浮かべた。何度も口にしたのは色紙にもしたためた「恩返し」という言葉。「地元愛知県の中日に指名していただいて光栄。投手王国という言葉がふさわしいチームで、厳しい環境に身を置けて幸せです。恩返しの気持ちを忘れずにやっていきたい」と笑顔で話した。

 理工学部・電子工学科に所属し、履修科目はオールA。学会に提出するという卒業論文では球の出どころが見えづらい投球動作を研究し、慶大・江藤省三監督も「学者」と形容する知能派右腕だ。持ち味は最速155キロの重い直球で、目標は「同じ愛知県知多市出身の浅尾投手」。会見後には高木監督が慶大野球部合宿所を電撃訪問。印象については「正直見たことがない」と言ったが、「今までにない“こちら”の方がイケる野球選手というので、若い選手に教えていただきたい」と頭脳に期待を寄せていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年10月26日のニュース