オリまた外れ外れ…11連敗も松葉「10勝する気持ちで」

[ 2012年10月26日 06:00 ]

大体大・松葉貴大投手はオリックスに1位指名され笑顔でバファローズのタオルを広げる

プロ野球ドラフト会議 supported by TOSHIBA

(10月25日)
 【オリックス1位 松葉貴大 投手・大体大】松葉の笑顔がはじけた。オリックスの「外れの外れの1位」での指名に「早く呼んでほしい、呼んでほしいの気持ちが強かった。1位で指名されたいと思って野球をやってきた。来たな、と思った」と胸をなで下ろした。

 満願が成就した。兵庫県姫路市出身で東洋大姫路から大体大に進んだ左腕にとって、オリックスは「地元のチーム」でもある。「自分の活躍を一日でも早く、地元の人に見てもらいたい」と、言葉に力を込めた。

 即戦力としての期待は十分に感じている。「1年目は体づくりと言われるが、そんな時間はない。最初から先発ローテに入って、10勝するぐらいの気持ちでやっていきたい」と意気込んだ。

 一方、森脇新監督は苦笑いだった。2年前には岡田監督が1位指名の抽選を3度外した末に、駿太を獲得。今年も指揮官が藤浪、松永と2度外し、05年から続く1位抽選の連敗は11まで伸びた。「(藤浪は)僕の弱さで獲得できなかった。非常に残念」としながら「松葉は実戦で力を発揮できる投手。楽しみにしている」と即戦力左腕の獲得には納得の表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年10月26日のニュース