川満 今は「雲の上の存在」も同郷・東浜に挑戦状

[ 2012年10月26日 06:00 ]

ロッテ2巡目で指名され涙ぐむ川満

プロ野球ドラフト会議 supported by TOSHIBA

(10月25日)
 【ロッテ2位 川満寛弥 投手・九州共立大】宮古島の高校出身で初のドラフト指名を受けた川満(かわみつ)は「ホッとした。指名していただいてうれしい」と表情を崩した。

 福岡六大学通算17勝を挙げた左腕は「同じ沖縄出身の東浜君と対戦して勝ちたい」と挑戦状を叩きつけた。宮古総合実では無名。全国制覇の沖縄尚学・東浜は「雲の上の存在。ライバルというより憧れの人」という。だが、昨年の日米大学野球代表候補合宿にともに参加し、初めて手の届く目標として意識した。「いずれは沢村賞を獲れる投手になりたい」と東浜を超え、球界に名を刻む投手を目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年10月26日のニュース