藤浪恩師「うれしさあるけど寂しさも」

[ 2012年10月26日 06:00 ]

水本主将(右)から花束を受け取る藤浪(左は西谷監督)

プロ野球ドラフト会議 supported by TOSHIBA

(10月25日)
 【阪神1位 藤浪晋太郎 投手・大阪桐蔭】藤浪を3年間指導してきた大阪桐蔭・西谷浩一監督も喜びを隠せなかった。「彼は己を知っている投手。いい球団に指名していただいたと思います。和田監督の喜びも、画面を通じて伝わってきました」。

 阪神には同校OBとして投手の岩田(05年に関大から希望入団枠)、内野手に西田(11年ドラフト3位)が在籍しており、西谷監督は「(巣立ちに)うれしさもあるけど、寂しさもありますね」と最後は優しくほほ笑んでいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年10月26日のニュース