小川 プロでも豪快「ライアン投法」継続だ

[ 2012年10月26日 06:00 ]

ヤクルト2位指名を受けた創価大の小川(中)は、野球部員に胴上げされる

プロ野球ドラフト会議 supported by TOSHIBA

(10月25日)
 【ヤクルト2位 小川泰弘 投手・創価大】大学選手権で登板した神宮を本拠地とするチームに指名され「行きたいと思っていた球団に指名していただいて素直にうれしかった」と笑顔を見せた。

 ノーラン・ライアン(現レンジャーズ球団社長)を手本に左足を胸の高さまで上げる豪快なフォームが特徴の右腕。「フォームはプロに行っても基本は変えない。あとはレベルの高い人がたくさんいるのでいろいろ吸収したい」とプロでも「ライアン投法」を継続し、神宮の杜を沸かせる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年10月26日のニュース