松永「申し訳ない気持ち」部内の集団賭博行為を謝罪

[ 2012年10月26日 06:00 ]

ロッテが交渉権を獲得し、笑顔でポーズをとる大阪ガス・松永昂大

プロ野球ドラフト会議 supported by TOSHIBA

(10月25日)
 【ロッテ1位 松永昂大 投手・大阪ガス】意中球団から指名を受けた松永だが、会見では神妙な顔つきで言葉を選んだ。「今回このような不祥事を起こしてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいです。軽率でした。それでも応援していただいた方々の気持ちに応えたいです」。

 8月に部内で集団での賭博行為が発覚し、同31日以降は部の活動を自粛。午後2時から練習だった部員も終日勤務となった。松永もランニングと筋力トレーニングだけの自主練習の日々。投球は7月の都市対抗で左手中指のマメをつぶして以降行っておらず「不安はある」というが、目標は高い。

 関西国際大の後輩で、先にロッテ入りした益田から電話が入った。「アイツも今季、新人王の有力候補。大学先輩の榊原さん(日本ハム)も新人王を獲った。当然、僕も獲らないといけない。プロでは先発でやりたい」と堂々と宣言した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年10月26日のニュース