大累、予想外の高評価 駒苫先輩・マー君に追いつけ

[ 2012年10月26日 06:00 ]

巨人から2位指名を受け笑みがこぼれる大累

プロ野球ドラフト会議 supported by TOSHIBA

(10月25日)
 【巨人2位 大累進 内野手・道都大】名前が呼ばれた瞬間「マジで」と驚き、その顔が瞬く間に笑顔に変わった。50メートル5秒7、遠投100メートル。俊足強肩が売りの大累(おおるい)は「巨人は小さいころから好きなチームだったし、伝統あるチーム。まだ実感が湧かない」と、予想外の高評価に夢心地な表情を浮かべた。

 駒大苫小牧時代は楽天・田中の2年後輩。1年生ながらAチーム入りし、遊撃手として田中の後ろで守ったこともある。同じ野球部寮で過ごし、風呂で話したこともあるが「オーラが凄かった。雲の上の存在だった」と話す。

 来春からは、その憧れの右腕と同じプロの舞台に立つことになる。「リーグは違うが、いつか田中さんと対戦したい」。中央球界では無名だったが、近い将来、持ち味の肩と足を生かして東京ドームを縦横無尽に駆け巡る。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年10月26日のニュース