最速152キロ増田 直球勝負で守護神「8時半の男」に

[ 2012年10月26日 06:00 ]

西武1位指名のNTT西日本・増田達至は笑顔でガッツポーズ

プロ野球ドラフト会議 supported by TOSHIBA

(10月25日)
 【西武1位 増田達至 投手・NTT西日本】MAX152キロを誇る右腕は大阪市内の同社で会見し「うれしい。直球に自信があるので、プロでも直球で勝負したい」と笑顔を見せた。

 柳学園、福井工大では無名の存在だったが、社会人で抑えに起用されてから才能が開花した。かつてダイエー、西武などで活躍したNTT西日本の佐々木誠監督は「ブルペンで見てプロで通用する球だと思った。活躍して(西武時代の同僚の)渡辺監督を胴上げしてもらいたい」と期待。増田は「どこのポジションでもやりたい」と言いながらも「自分としては中継ぎ、抑えで勝負したい」とこだわりを見せた。

 西武は今季、涌井が抑えを務めたが、来季からは先発に戻る可能性が高い。この日の会見は午後8時半から行われたが、プロでも「8時半の男」としてマウンドに立つ日は近い。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年10月26日のニュース