白崎“キヨシ2世”「プロでも首位打者獲りたい」

[ 2012年10月26日 06:00 ]

バットに乗ったジャビットを見下ろす駒大・白崎

プロ野球ドラフト会議 supported by TOSHIBA

(10月25日)
 【DeNA1位 白崎浩之 内野手・駒大】駒大の白崎は同大OBの中畑監督から外れ1位ながら単独指名を受け「選ばれて光栄。中畑監督は元気のある方。偉大な先輩で恐れ多い。最下位を脱するのに貢献できたら」と恐縮しきりだった。

 今春のリーグ戦では打率・395をマークし首位打者に輝いた大型遊撃手。北海道出身だが「甲子園出場よりプロ」と埼玉栄に入学したガッツも兼ね備える。中畑監督も後輩に「巨人の坂本みたいな雰囲気を持ってくれたら。チームを引っ張る人間性があるし、これからのDeNAに必要な存在」と期待を寄せた。

 夢がかない「プロでも首位打者を獲りたい。今後は、練習を張り切りすぎてケガしないようにしたい」。キヨシ2世が、本家とともに低迷するチームを盛り上げる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年10月26日のニュース