帆足、内川止められず…ボール要求に“勝負”で痛打

[ 2011年11月4日 06:00 ]

<ソ・西>3回2死一、三塁 内川に適時3塁打を浴びる西武・帆足

パ・リーグCSファイナルステージ第1戦 西武2-4ソフトバンク

(11月3日 ヤフーD)
 短期決戦では「絶対に打たれてはいけない打者」を決める。西武にとって3番・内川がそうだ。シーズンの対戦打率も・325。何より打たれれば打線が活気づいてしまう。結果は2安打2打点で敗戦に直結した。

 1打席目は三ゴロ。3回の2打席目だ。2死一、三塁で1ボール1ストライク。直前は真ん中高めの直球を右方向へファウル。捕手の銀仁朗は「右打ちを狙ってるのか、振り遅れたかを確認したかった」と外角のボール球を要求して構えた。だが、帆足は「(ボール要求だったけど)打ち取る気持ちで投げた」。真ん中外寄り低め、ストライクゾーンに入った直球は右打ち狙いの内川に右越え三塁打されて2点を先制された。

 序盤の3回で2死。3ボール1ストライクなど内川有利なカウントになれば、無理に勝負しない手もあった。小野投手コーチは「あの場面はボールでよかった。短期決戦の重圧なのかな…」と話したが、重圧による失投ではない。ボール球の要求に対して、勝負にいった帆足。大事な場面で意思の疎通ができていなかった。CS突破のために誰を打たせてはいけないのか。西武バッテリーは再確認する必要がある。

 ▼西武・光山バッテリーコーチ マークしていた打者にやられた。内川は詰まったり、泳いだりしない打者だからね。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月4日のニュース