チェン痛恨被弾…谷繁「仕方ないで済ませちゃいけない」

[ 2011年11月4日 06:00 ]

<中・ヤ>8回、痛恨の本塁打を打たれ顔を歪め引き揚げるチェン

セ・リーグCSファイナルステージ第2戦 中日1-3ヤクルト

(11月3日 ナゴヤD)
 好投の中日・チェンが1球に泣いた。完封ペースの8回2死、代打・飯原に直球を4球続けた後のフォークを左翼席へ痛恨の一発。「1球で試合が決まってしまって申し訳ない。低め(のボールゾーン)に落とすつもりが甘くなった。ボールにしてたら空振りを取れたかも…」。

 真ん中から低めのストライクゾーンに入るフォークを拾われ、谷繁も「本塁打だけは避けようと選択した球。それを打たれたのだから仕方ないで済ませちゃいけない」と反省していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月4日のニュース