高評価変わらずも…黒田、売却問題次第で交渉長期化

[ 2011年11月4日 06:00 ]

 黒田もFAとなったが、ドジャースの高い評価は変わらず。今後も再契約に向けて交渉を続けていく。ただ球団売却問題次第では交渉が長期化する可能性もある。

 一方で、ド軍の元球団会長のピーター・オマリー氏(73)が球団買収に名乗り。10億ドル(約780億円)とみられる資金も調達する計画を立てており、名門球団がマッコート・オーナー夫妻の離婚騒動から揺れたことを嘆き「速やかに名誉を回復できる自信がある」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月4日のニュース