広瀬、4日に残留交渉…球団側は流出阻止へ“全力”

[ 2011年11月4日 06:00 ]

 広島は国内FA権を取得した広瀬と4日、1回目の残留交渉に臨む。攻守で存在感を発揮する外野手には他球団も獲得に興味を持っているとされ、球団では一気に条件提示もして主力の流出を全力で阻止する方針だ。

 残留の決め手となる条件について、本人は「まずは家族との相談が一番。(FA権は)メリットもデメリットもあるので、いろんな選択肢を考えたい」と語るなど慎重な姿勢を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月4日のニュース