デーブ改革、目標は5点打線!アーリーワークも開始

[ 2011年11月4日 06:00 ]

 新たに就任した楽天・大久保打撃コーチが、「5点打線」を目標に掲げた。今季はリーグワーストタイの1試合平均3得点と得点力を欠き、5位に低迷。打線強化が最大の課題とあって「平均4点で勝てるけど、5点取れる打線を組んでいきたい」と意気込んだ。

 この日から西武のコーチ時代に取り入れていた「アーリーワーク(早出練習)」も開始。午前7時から草野、岩村のベテランを除く野手が参加し「早い時間に始めて早く終われば、乳酸をためずに眠ることができる」と効果を説明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月4日のニュース