歳内、後輩相手に「楽しんで」高校“ラス投”

[ 2011年11月4日 06:00 ]

「引退試合」で全力投球する歳内

 阪神からドラフト2位指名された歳内(聖光学院)が同校グラウンドでの引退試合に登板。今秋東北大会準優勝で来年センバツ出場が確実な現役チームと対戦した。

 「聖光のユニホームを着て投げるのは最後なので楽しんで投げました」と話した右腕は5回7奪三振と好投した。1日の指名あいさつで和田新監督から「エースになれ」のメッセージをもらった歳内が、1日も早い1軍デビューを目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月4日のニュース