山井 5回途中で降板…先発の役割を果たせず

[ 2011年11月4日 22:49 ]

ヤクルト戦に先発した中日・山井
Photo By スポニチ

セCSファイナルS第3戦 中日1-2ヤクルト

(11月4日 ナゴヤD)
 中日の先発山井は勝負どころで打たれ、5回途中6安打2失点と先発の役割を果たせなかった。

 失点のタイミングがまずかった。2回に先制点を許した。味方が追い付いた直後の5回は先頭を歩かせ、送りバントを挟んで青木に適時打を浴びてマウンドを降りた。「同点になった後だったので、何とか抑えたかった」と悔やんだ右腕。体調不良のネルソンを欠く先発陣にとって痛い黒星となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月4日のニュース