森岡 戦力外とされた古巣の中日戦でラッキーボーイに

[ 2011年11月4日 23:08 ]

セ・リーグCSファイナルS第3戦 ヤクルト2-1中日

(11月4日 ナゴヤD)
 ヤクルトは8番の森岡の先制打で先手を奪った。2回、宮本と相川が凡退した後の2死一、二塁で、フォークボールに食らい付いてしぶとく中前にはじき返した。

 ファーストステージからラッキーボーイ的な存在となっている森岡は「先制点は大事だと思っていた」と笑顔で振り返る。戦力外とされた古巣の中日が相手とあって「気合が入るのは確かです」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月4日のニュース