スタメン落ちの畠山、意地の適時打も「何も言わないよ」

[ 2011年11月4日 06:00 ]

<中・ヤ>9回2死二、三塁、畠山は中前適時打を放つ
Photo By スポニチ

セ・リーグCSファイナルステージ第2戦 ヤクルト3-1中日

(11月3日 ナゴヤD)
 荒療治に一発回答だ。ヤクルトの不動の4番だった畠山が不振で先発落ち。7回に代打で途中出場すると、9回2死二、三塁では中前へ貴重な2点打を放った。

 シーズン終盤からCSに入っても不振が続き、指揮官が「変わってくれれば」と先発落ちを決断。畠山は「何もない、何も言わないよ。気持ち的に大きい?全然」と勝利に貢献する一打にも満足せず。小川監督は「ヒットになり打点を挙げたということが非常に大きい」と愛弟子の復活の兆しにうなずいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月4日のニュース