過去2年の成績で格付け 各球団の年俸調停に影響

[ 2011年11月4日 06:00 ]

 米国のデータ専門会社エライアスは、毎年独自に算出したFA選手のランキングを発表する。過去2年間の成績を基に「A、B、なし(ランク外)」と格付けした評価は、各球団の年俸調停に影響を与えている。

 FA選手に対する年俸調停申請は(1)残留要請(2)他球団に移籍した場合の補償獲得――の意味合いがある。Aランク選手は「1巡目指名権+1、2巡の間の指名権」、Bランク選手の場合は「1、2巡の間の指名権譲渡」が旧所属球団に譲渡される。ただ申請した場合は、残留しないと予想していた選手側の要求額で再契約に進むリスクもある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月4日のニュース