西武1位のJR東日本・十亀 4回途中2失点で降板

[ 2011年10月30日 06:00 ]

JR東日本―ヤマハ 5回、村上の走者一掃の三塁打で生還したJR東日本の(右から)二走川端、三走竹内、一走松本

都市対抗野球第8日 JR東日本5―2ヤマハ

(10月29日 神宮)
 JR東日本は西武からドラフト1位指名された先発の十亀が4回途中で降板した。3回2死から3連続長短打で2点を失い「状態は悪くなかったが、ストライクゾーンに球を集めすぎた」と猛省。

 打線の奮起でチームは逆転勝ちし、決勝まで進めば4連戦となる。それでも「こんな投球をしていたら、(プロでは)1軍のマウンドに立てないし、あした(準々決勝)休みますとも言えない。いつでもどこでも投げられるように準備したい」とフル回転を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月30日のニュース