プホルスFA争奪戦に!カ軍一筋11年も球団財政厳しく

[ 2011年10月30日 06:00 ]

祝勝会でビールをチームメートにかけるプホルス

ワールドシリーズ第7戦 カージナルス6―2レンジャーズ

(10月29日 セントルイス)
 今季終了後にFAとなるカージナルスの主砲プホルスは勝利の瞬間、一塁の守備位置で右膝を着き、神に感謝をささげた。自身2度目の世界一に「あのトロフィーを掲げ、ファンに笑顔を向けると、何物にも替え難い気持ちになる」と感激。シャンパンファイトではチームメートと思い切りはしゃいだ。

 カ軍一筋11年だが、来季は違うユニホームを着ている可能性が高い。今季の年俸は1600万ドル(約12億1600万円)で、カ軍は来季以降も引き留める財政的な余裕はない。最終打席となった7回は球場が騒然とする中、空振り三振に倒れた。今後について問われたプホルスは「今は歓喜を味わいたい。契約のことなんて、不適切な質問だ」と言った。今オフ、リーグMVP3度の現役最強打者をめぐる大争奪戦が繰り広げられる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月30日のニュース