ハム救援陣四球から自滅 榊原「調子悪くなかった」

[ 2011年10月30日 06:00 ]

<日・西>11回、勝ち越し打を打たれ、ベンチに戻る榊原

パ・リーグCSファーストステージ第1戦 日本ハム2―5西武

(10月29日 札幌D)
 延長11回、西武のフェルナンデスに痛恨の2点打を浴びて敗戦投手となった日本ハムの榊原は「自分の調子は悪くなかった。先頭の四球が全てです」。

 レギュラーシーズンで60試合登板した右腕は、阿部を歩かせたことを猛省した。9回は守護神・武田久が1点リードを守れず「(中島への)四球と勝負どころの変化球が高めに浮いたことが良くなかった」と言葉少なに球場を後にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月30日のニュース