小笠原 左手強打も失策に責任痛感「悪い流れつくった」

[ 2011年10月30日 06:00 ]

<ヤ・巨>6回1死一塁、青木の一塁ゴロをファンブルする小笠原
Photo By スポニチ

セ・リーグCSファーストステージ第1戦 巨人2―3ヤクルト

(10月29日 神宮)
 巨人・小笠原にアクシデントが起きた。6回1死一塁から青木の強烈な一ゴロをはじく失策で、滑り込んでベースへタッチした際に左手を強打。

 左手首剥離骨折から復帰4試合目でヒヤリとしたがベンチ裏で治療を受けた後に再び出場し「悪い流れをつくってしまい、申し訳ない。(負傷箇所は)大丈夫。いけと言われればあすも行きます」と強調した。打撃では4回に先制の足がかりをつくる右前打などマルチ安打をマーク。「感覚的には悪くない。また切り替えます」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月30日のニュース