糸井左足負傷で途中交代 第2戦出場は当日の状態次第

[ 2011年10月30日 06:00 ]

パ・リーグCSファーストシリーズ第1戦 日本ハム2―5西武

(10月29日 札幌D)
 日本ハムの糸井が初回、本塁への走塁で捕手と交錯し、左足を痛めて8回の守備から交代した。

 福島チーフトレーナーによると、左すねの打撲で「足首を動かす筋肉を痛めて歩くのにも支障があるようだった。試合出場はあす(30日)の状態を見てからの判断になる」と説明。アイシング治療を施した糸井は第2戦出場について何も語らず球場を後にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月30日のニュース