中田がに股打法不発「自分がチャンスで打てなかった」

[ 2011年10月30日 06:00 ]

<日・西>中田は、シーズン前半の打撃フォームに戻すも4の0 

パ・リーグCSファーストシリーズ第1戦 日本ハム2―5西武

(10月29日 札幌D)
 日本ハム・中田が3カ月ぶりに「がに股打法」を復活させたが、快音は響かなかった。

 極限まで重心を低くした構えは下半身に負担がかかることから、オールスター第3戦を最後に封印していたが「いろいろな人に見てもらって、ノーステップの方がいいかなと思った」。09年のCSファイナルSは1打数1三振。この試合も4打数無安打といまだポストシーズン無安打だが「自分がチャンスで打てなかった。あした負けたら終わりなので、チーム全員で白星を取りに行かないと」と気合を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月30日のニュース