糸井の本能が呼んだ一瞬の判断ミス 3点目逃す

[ 2011年10月30日 06:00 ]

<日・西>6回無死一、三塁、稲葉の遊ゴロで三塁を飛び出した糸井が三本間で挟まれアウト。捕手、星

パ・リーグCSファーストシリーズ第1戦 日本ハム2―5西武

(10月29日 札幌D)
 行くか、止まるか。日本ハム・糸井の一瞬の判断ミスでとどめを刺せなかった。日本ハム2点リードで迎えた6回無死一、三塁。守る西武は前進守備を敷いた。好投のダルビッシュに援護の3点目が入れば勝敗はほぼ決するからだ。

 フルカウントからの7球目。稲葉の一打はライナー性で遊撃へ飛ぶ。これを見た三塁走者・糸井は戻りかけて、遊撃手・中島がはじくと再びスタート。打球を拾った中島が捕手・星孝に送球し、糸井は挟殺プレーで簡単にアウトとなった。「あそこは僕のミス。戻ったところでやめればよかった」。三塁コーチャーの真喜志内野守備コーチは3点目を逃す要因となった判断を悔やんだ。

 糸井は初回の走塁で左足を負傷。万全ではなかった。それでも中島の落球でスタートを切った。真喜志コーチは「本能もあるかも…」と続けた。前進守備、足の状態から判断すればストップだ。しかし、抜群の身体能力を持つ糸井の本能が体を反応させてしまった。梨田監督は「(挟まれて)粘って(いるうちに走者が進んで)一、三塁にもってくのには足がもたなかった。打球の判断も難しいプレー。こちらの指示も徹底できなかった」

 ゴロストップの指示なら三塁に走者が残った場面。短期決戦にあってはならない判断ミスが痛い黒星につながった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月30日のニュース